主要著書

「気候危機とコロナ禍:緑の復興から脱炭素社会へ」(2021年、文化科学高等研究院出版局)

「地球環境学への旅」(2011年、文化科学高等研究院出版局)

「環境政策学のすすめ」(2007年、丸善株式会社)

「環境ガバナンス論」(2007年、京都大学学術出版会)

「環境ガバナンス」(市民、企業、自治体、政府の役割)(2002年、岩波書店)

「環境政治入門」(2000年、平凡社)

 

 Environment in the 21st Century and New Development Patterns, 2000, Springer

監訳

『グローバル環境ガバナンス事典』、(2018年、明石書店)、R.E.ソーニア/R.A.メガンツク編、植田和弘/松下和夫監訳、480頁

「環境と開発への提言」(2015年、東京大学出版会)、

 レスター・R・ブラウン「地球白書」(ダイヤモンド社)など

Profile プロフィール

matsushita*iges.or.jp (substitute*with@)

京都大学名誉教授

(公財) 地球環境戦略研究機関(IGES)シニアフェロー、国際アジア共同体学会理事長、

日本GNH学会会長、環境省地球環境保全研究費評価委員会委員、(独法)国際協力機構(JICA)環境ガイドライン異議申立審査役、T20 「気候変動と環境」タスクフォース共同議長、環境イノベーション情報機構評議員、(独法)環境再生保全機構地球環境基金運営委員(評価専門委員長)、同機構地球環境総合研究委員、ブータン王立大学学術研究顧問、地球・人間環境フォーラム研究顧問、(一社)日本釣用品工業会理事、NPO法人環境市民理事

1948年生まれ

1971年東京大学経済学部卒業

1976年ジョンズ・ホプキンス大学大学院修士課程修了

1972年に環境庁入庁後、大気規制課長、環境保全対策課長等を歴任。OECD環境局(本部パリ)、国連地球サミット(UNCED)事務局(上級環境計画官、本部ジュネーブ)でも勤務

2001年から2013年まで京都大学大学院地球学堂教授(地球環境政策論)

国連大学高等研究所客員教授、東京都市大学客員教授も歴任。

環境行政、特に地球環境・国際協力に長くかかわり、国連気候変動枠組条約や京都議定書の交渉にも参画。持続可能な発展論、環境ガバナンス論、気候変動政策・生物多様性政策・地域環境政策などを研究

Professor Emeritus of Kyoto University

Senior Fellow of the Institute of Global Environmental Strategies (IGES),President of the International Academic Society for Asian Community (ISAC),Chairman of the Japan Society for GNH Studies, Co-chair, T20 Task Force on Climate and Environment

Served as Professor of Graduate School of Global Environmental Studies (Global Environmental Policy), Kyoto University, between 2001 to 2013.

Also served as Visiting Professor of the United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU-IAS) and an Examiner for Environmental and Social Guidelines at Japan International Cooperation Agency (JICA). Before holding these positions, worked at several institutions including the Ministry of Environment of Japan, the Environment Directorate of the OECD, and as a Senior Environment Planning Officer of the United Nations on Conference on Environment and Development (UNCED). Long been engaged in environmental administration, particularly global environmental policy and international environmental cooperation. Major research areas are sustainability studies as well as climate change policies and global environmental policies from the viewpoint of environmental governance.